うっかり

山のこと、釣りのこと、自転車のこと、道具の試行錯誤

初テント泊で見えてきたこと(靴編)

f:id:ukkarisangakubu2:20180323204541j:plain

さてと、初テント泊シリーズも最終回でしょうか。今回は靴です。

私は10年ほど前に登山を始めてからず~っとこの靴です。一代目でございます。MAMMUTのマウントクレストGTX というものですが、現行でいいますとTrovatでしょうか。MAMMUTと言っておりますが実際はライケル製です。

ソールの硬さとMIDの高さ、防水性、頑丈さ、ビブラムのソールで非常にバランスがとれており、なんら問題なくしかも10年経ってもバリバリの現役でございます。ひじょーに気に入っております。

 

そんなこの靴ですが、テント泊装備ではどうかというところですが、さすがにギリギリセーフラインといった印象を受けました。やはりテント泊装備の重量は本当に普段のチャッピー登山の装備とは違うんだなというのを靴でといいますか足裏で感じました。

と、いうのも下りでの足裏の圧力たるや今までに感じたことがないものがありまして、チャッピー登山でのこの靴はふんわりと包み込むような履き心地でしてそれはそれは「これって天使の羽?」と思ってしまうくらいなのですが、テント泊装備ですとガッツンガッツンと衝撃が!

 

f:id:ukkarisangakubu2:20180323210957j:plain

そうです、この部分に超絶的圧力がかかり、下り終わるくらいは前後微スライドによる靴擦れ寸前でした。

 

f:id:ukkarisangakubu2:20180323211716j:plain

そして登山後ではこの部分がほんのりと腫れておりました。恐るべしですね!とはいいましても最終的には靴擦れすることなく、気が付けば全くの無傷じゃないですか。これはこれでありなんじゃないでしょうか。

おそらくこれより縦走寄りですとソールが硬くなり普段のチャッピー登山に影響が出そうですし、これより柔らかいとテント泊装備に対して無理があるといったところでしょうか。そういった意味でこの靴はど真ん中のような気がしました。まぁこれは私が初めてのテント泊で感じたことですので、まだまだ未知な部分がありますのでコレ!といったものはないのですけど、今後続けていくであろうテント泊での装備を統括して有り無し判定をしてみました。

 

この経験をもとに今季のテント泊登山をいかに楽にお気楽にそして極楽にこなすかを目指していこうかと思っております。連日投稿失礼いたしましたっ!