うっかり

山のこと、釣りのこと、自転車のこと、鳥のこと、道具の試行錯誤

粕尾川

月一で渓流に行かなきゃと思いつつ5月も最終週となってしまいました。なんとか5月一回行っておきたいところ。ということで家から一番近いところを検索かけました。もう少し手軽に渓流に行けないかなと思ったんですよね。で、まぁやっぱり一番近いのは奥多摩ですかね。でも都心を通らないといけないので距離は短いけど時間はかかりそうなので、じゃぁ他はと探って距離的にも近くて交通量の少なそうな道なので栃木県は粕尾川に決定です。というかこんなに近いのになんで今まで行ったことがなかったかといいますと、その隣の桐生川であんまりいい思いしてなかったのでこの辺りは切り捨ててたんですよね。

 

■2022年5月29日(日)

1時半起床。2時に家を出て渓流近くのコンビニで遊漁券を購入します。店員さんによると山ビルが出始めてるから気を付けてくださいね。と。コンビニの店員さんからそのような情報が入るとは思いもよらなんだ。店を出るときにいってらっしゃい!と。不思議な感覚になりました。4時半ころに到着して車の中でのり弁当を食べ準備開始。

 

youtu.be

5時になり釣り開始。岩がゴロゴロとしてるのでココは渓流魚がストックされていそうです。隠れ場がいっぱいありますからね。

 

で、開始10分ほどであっさり釣れてしまいました。がん流れの岩陰に隠れていたんでしょうね。飛び出て瞬殺でした。放流モノかと思いますが嬉しい久しぶりの一匹です。なにせ600km離れた閉伊川ではまるっぱげでしたからね。しかしまぁドーガ止めてるときに限って食ってくるシャイなやつでした。

 

お魚さんを引っ張ってきてくれたのはやっぱりこの子。katuルアーでした。巻くと立ち上がりが早く破綻することなくブリブリ動いてくれるしトゥイッチではビラビラとフラッシング。さすがとしか言いようがないですね。

 

あ、そういえば今回、先日作ったハッカ油を噴霧しまくっておりました。だからなのか虫にたかられることは一度もありませんで、はてコレ、効果ありと思っていいのでしょうか。匂いも気にならないし今後も使って検証してみましょう。

 

いやぁ、全くノーマークでしたねぇこの川は。すんばらしく渓相が良い!上流の森が生きてるから滅多に土砂流れ起こさないんでしょうね。なので砂泥に埋まっているところはほとんど見当たりません。

 

このあとは小さいのが2匹釣れて堰堤下でフライメンに追いついてしまったので車まで引き返します。

車で移動して続きをやるところですが、なんだかこのままズルズルとやって疲れ切って帰るのではなくてこのドーパミンが脳髄からチョロチョロと出てるくらいの時にやめておけばノンストレスで帰れるのではないかと思い立ち、5時から7時までの2時間という短い釣行時間でしたがこの満足感をそのまま持ち帰ることにしました。

 

ココ、来月も行くかも・・・。

 

おしまい。