うっかり山岳部~2nd

山のこと、釣りのこと、道具の試行錯誤

インソールを交換しました

そして、靴を引き取り、Lbreathへ向かった目的は、

 

f:id:ukkarisangakubu2:20180520180835j:plain

このクタクタになったインソールをビシっ!としたものに交換しようかと思いました。

インソールは15年前くらいに渓流釣りでのウェーディングシューズにSUPERfeetを使うととてもいいという情報をどこかの脳みそが記憶していたらしく、まだそのSUPERfeetはあるのかなぁと覗いてみたら主力商品なみの扱いでした。

しかし、色んなメーカーのしかも緑色やらオレンジ色やら踵カップが深いものやら浅いものやらとても種類が多いため、ここは店員さんのアドバイスを受けなければと思い、「いらっしゃいませぇ~お伺いいたしますよぉ~」と声をかけ続けていたお兄さんを捕まえてインソールについていろいろ聞いてみたところ、いろんなメーカーのお試し用を持って来て実際に履いてみましょうということになりました。

さまざまなメーカーのそれぞれの特徴などをこと細かく説明を受け、やはりその中でもこのSUPERfeetがとてもいいのではと思い、店員さんにSUPERfeetにします、しかしながらその中でも緑やらオレンジやら・・・と聞くと、そのお兄さん、今度は足の骨のリアル模型を持ってきました。そしてその骨が歩くとどうなるかを説明し、SUPERfeetがどのように衝撃を吸収し、蹴り出しに対してどのようにサポートするのかを説明して頂きました。人がわんさかいるなかで骨を見ながら真剣に話す二人はなんだかとても滑稽でしたがとても解りやすかったです。そして決めたのがコチラです。

 

f:id:ukkarisangakubu2:20180520181229j:plain

SUPERfeetトリムフィットシリーズ グリーン Dサイズ。

 

f:id:ukkarisangakubu2:20180520181408j:plain

カップ深めで厚めのものを選択致しました。人によっては硬いという人がいるらしいのですが、折角なので強力サポート寄りのものを選択してみました。

 

f:id:ukkarisangakubu2:20180520181629j:plain

裏はプラスチックが装着されており、とても頑丈そうです。衝撃を吸収するだけのインソールではないことが伺えます。

 

サイズは長さではなく、カップの大きさ(幅と言った方がいいのかな。)を基準に選択し、長い場合は切って使うとのこと。その切る際には今使っているインソールよりも短くなるように切る(靴にジャストフィットさせてはならない)のが推奨されておりましたので最初ということもあり店員さんに切ってもらいました。

しかしながらまだジャストフィットしている感じなので一旦これで履いてみてカップにフィットしていない場合はもう少しだけ切ろうと思います。

 

今度、実際履いて歩いてみて感触を試してみたいと思います。